腸内フローラを改善すると善玉菌が増える!

 

腸内フローラの働きの注目が集まっています!

 

「腸」は消化器官としての役目だけではない、人の身体にとってとても重要な器官であることが分かってきました。

 

その大事な器官「腸」で重要な働きをするのが、【腸内フローラ】です。

 

腸内フローラとは

健康な人の腸内には約400種類以上の腸内細菌が存在し、総数で約100兆個以上もバランスよく住みついています。特に小腸の終わりから大腸にかけての様子が、腸内細菌がびっしり敷き詰められた「お花畑」のように見えるので、「腸内フローラ」と呼ばれています。

 

このような事に思い当たることはありませんか?

  • 便秘になりやすい!
  • おならが臭い!
  • よく下痢になる!
  • 体調が常に悪い!
  • 風邪を良く引く!
  • 肌荒れになる!

 

上記のような症状がある場合は、「腸内フローラ」が正常でない事が考えられます。

 

「腸内フローラ」を構成する「腸内細菌」には、多き分けて【3種類】存在しています。それは、「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」です。

善玉菌

腸内で「良い」働きをしてくれる善良な腸内細菌です。ビフィズス菌や乳酸菌などが代表的な善玉菌です。

 

悪玉菌

腸内で「悪い」働きをする悪者の腸内細菌です。ウェルシュ菌、ブドウ球菌などが代表的な悪玉菌です。

 

日和見菌

「善玉菌」と「悪玉菌」がバランスが取れているときは、身体へ影響を与えませんが、善玉菌が優位に立つと、日和見菌は善玉菌として整腸に役立つように働いてくれるのですが、悪玉菌が優位に立ってしまうと、一転して悪玉菌と共に悪影響を及ぼすようになるのです。

 

腸内細菌の「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の比率は、【20:10:70」だと、一般的には考えられています。

 

理想は、「善玉菌」が30%、「悪玉菌」が10%、「日和見菌」が50〜60%という具合に、「善玉菌」の割合が高くなる状態に、「腸内フローラ」を保つことです。

 

但し、「悪玉菌」が全て必要ない訳ではありません。実は「善玉菌」は「悪玉菌」と戦うことでその効果を上げてると言われています。その為、「善玉菌」と「悪玉菌」はバランスを取って、「腸内フローラ」に共存することがとても大事なんです。

 

腸内フローラの「善玉菌」が増えた時に期待できる事

腸内フローラの「善玉菌」が増えた時に期待できる事を紹介!

 

便秘解消の効果

「腸内フローラ」の善玉菌を増やすことで、「腸」の働きを高めることで「便秘解消」が期待できます。大腸内に便が残っている状態が、便秘なのです。こうした異常事態が長時間続くと、悪玉菌が増殖して腸内環境のバランスが崩れてしまいます。善玉菌を増やすことで悪玉菌を減らすことが出来ます。

下痢の改善

便秘と下痢は正反対の症状です。腸内の悪玉菌が増えてしまったことが大きな原因になります。「腸内フローラ」の善玉菌を増やすことで、「下痢」の改善が期待できます。

免疫力アップ

人の免疫機能は、体の外から体の中に入ってきた細菌やウイルスなどに攻撃し、排除する役割を持っています。実は、免疫に関わる細胞は、「腸」で作られいます。正常な「腸内フローラ」が、免疫機能にとってとても重要です。

アレルギーの改善

アレルギーとは、人の免疫機能が異常に働いてしまう状態です。健康な「腸内フローラ」が、免疫機能を正常化してアレルギーの改善が期待できます。花粉症などの改善も期待できます。

生活習慣病の予防

「腸内フローラ」は、腸疾病、糖尿病、肥満、動脈硬化などさまざま病気に関係すると研究が進んでいます。これら病気予防の為にも、「腸内フローラ「を正常に保つことが大切です。

腸内フローラの「善玉菌」を増やす方法

 

「腸内フローラ」の【善玉菌】を増やす主な方法を紹介します!

 

善玉菌を増やす食品を食べる!

「善玉菌」を増やす食品を積極的に食べましょう。効果的な主な食品は次のような物です。

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • 漬物
  • 納豆
  • 味噌

主に、これら食品に含まれる「乳酸菌」の働きによって「腸内フローラ」の「善玉菌」を増やします。しかし、「乳酸菌」は胃酸や塩分などに弱く、「胃液」でほとんど死滅してしまうと言われています。効率よく「乳酸菌」を摂取したい方は、サプリメントなどを利用しましょう。

 

善玉菌のエサとなる食品を食べる!

「善玉菌」のエサとなり「善玉菌」を増やす効果がある代表的な成分が「オリゴ糖」です。オリゴ糖が多く含む食品は、「牛乳、バナナ、たまねぎ、アスパラガスなど」があります。しかし、含有量が少ないので、商品化されている純度の高い「オリゴ糖」を食べるのが効率的です。

 

食物繊維を摂取する!

「食物繊維」は「善玉菌」のエサになります。さらに、「悪玉菌」の原因となる有毒物質の体外排出をサポートしてくれます。「便秘解消」などのも期待できます。

 

善玉菌を増やすサプリメントを摂取する!

「善玉菌」を増やして「腸内フローラ」を活性化する為の、サプリメントを生活に取り入れる。主に、「乳酸菌」や「オリゴ糖」、「ビフィズス菌」などを配合したサプリメントです。食事にあまり気を使えない方や、確実に、「善玉菌」を増やした場合に効果的です。

 

ストレスを溜めない!

「腸内フローラ」の「善玉菌」と「悪玉菌」のバランスは、ストレスによって大きく変化すると言われています。過度なストレスは、自律神経に乱し、身体の働きを低下させます。胃酸や腸液の分泌が異常になったり、腸の働きを低下させます。過度のストレスは「悪玉菌」を活性化し「善玉菌」を減らしてしまいます。ストレスを貯めない生活を心がけましょう。

 

十分な睡眠と規則正しい生活!

身体の働きが低下すると、「腸」の働きも低下します。それにより「悪玉菌」も増えることになります。十分な睡眠と規則正しい生活は、とても大事です。

 

アルコール類を飲みすぎない!

アルコールの飲み過ぎは、腸内環境に悪影響を与えます。その結果、「悪玉菌」を増やしてしまいます。アルコール類は適量に抑えまましょう。

 

腸内フローラの「善玉菌」を増やすサプリメント

「善玉菌」を増やす為のサプリメントオススメを紹介!

 

食事などで、「腸内フローラ」の「善玉菌」を増やすような、食品を十分に食べれない方に、オススメなのが、「善玉菌」を増やすサプリメントです。

 

人気のサプリメントをランキング形式で紹介します!

 

 

善玉菌のチカラの特徴

カスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌!

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を一粒に20億個以上を凝縮した腸内フローラにうれしいサプリです。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌「クレモリス菌FC」はとてもデリケートな乳酸菌なのでカプセル化するのに1年の試行錯誤しました。

「クレモリス菌FC」は生きて腸まで届くプロバイオティクスとして有用であることが分かっています。

この「善玉菌のチカラ」は、塩昆布「ふじっ子」で有名な、「フジッコ」が提供してる安心して飲めるサプリです。

価格 1806(税別)円
評価 評価5
備考 初回単品:\1806円(税別) 定期初回:\1088円(税別) 二回目以降:\2176円(税別)
善玉菌のチカラの総評

腸内フローラの為のサプリ選びに困ったら、まじは試してほしのが。この「善玉菌のチカラ」です。

 
 

生命の乳酸菌の特徴

熱に強い7種類の乳酸菌を配合!

「生命の乳酸菌」は熱に強い7種類の乳酸菌を配合しています。日本人と相性の良い植物性の乳酸菌も配合し、腸まで届かせる確立を高めています。

配合されている乳酸菌は、「クラリス菌」、「ナノ乳酸菌」、「K−1乳酸菌」、「耐熱性ラブレ菌」、「耐熱性ビフィズス菌」、「キムチ乳酸菌」、「EC−12菌」の7種類です。

また、乳酸菌のエサとなってくれる、オリゴ糖も配合しています。


価格 3300(税込)円
評価 評価5
備考 定期初回:¥3300円(税込) 二回目以降:¥2970円(税込)
 
 

乳酸菌革命の特徴

ラクトバチルス6種類に3大乳酸菌をプラス!

ラクトバチルス属の乳酸菌(アシドフィルス、ブルガリスク、ガッセリー、ブレビス、ガゼイ、ヘルベティカス)の6種類にプラスして、「ビフィズス菌」、「ラブレ菌」、「ガセリ菌」をプラスしたパワフルな腸内フローラにうれしいサプリです。

また、腸まで確実に届ける為に、胞子でガードされている「有胞子乳酸菌」を採用して、胃や十二指腸で死滅することなく腸まで届かせることができます。

価格 2880(税込)円
評価 評価5
備考 単品:¥2880円(税込) 定期:¥2730円(税込)
 
 

花菜の選べる乳酸菌の特徴

コンセプトの異なる2種類のサプリ!

いろいろな乳酸菌を摂取した方がよいという考えから、2種類のコンセプトの異なる乳酸菌サプリを交互に飲む新発想のサプリです。乳酸菌を2粒でヨーグルト50個分の乳酸菌を腸まで届けるサプリです。

一つ目が、「うつくし美菌5000億」という名称で、「フェカリス菌EC−12」、「植物性ラブレ菌」、「ケフィア菌」が配合され、二つ目が、「すこやか健菌ナノ型」という名称で、「植物性ナノ型乳酸菌」、「有胞子乳酸菌ラクリス」、「ビフィズス菌」などが配合されています。

価格 3000(税別)円
評価 評価4
備考 定期初回:¥3000円(税別)
 
 

久光製薬 乳酸菌(EC-12)の特徴

乳酸菌EC−12の死菌を採用!

久光製薬EC−12では、「生菌」にこだわらずに、あえて「死菌」を採用しています。

高度な加熱処理を行った「死菌」は、ほとんどが消化も分解もされることなく腸までといて、善玉菌を増やす働きをしてくれ、腸内フローラの正常化をサポートしてくれます。

乳酸菌の「死菌」は、腸内の善玉菌のエサになり、善玉菌を増やすといわれています。また、同じように、善玉菌のエサとなり、「オリゴ糖」も配合しているので、ダブルの効果が期待できます。

価格 1810(税別)円
評価 評価4
備考 お試し一か月:¥1810  単品(二カ月分):¥6000円(税別) 定期(二カ月分):5400円(税別)
 

「善玉菌」が増やすには腸まで届く事が肝心!?

「腸内フローラ」の「善玉菌」を増やすには、有効成分(乳酸菌など)を「腸」まで届かせることが必要!?

 

「善玉菌」を増やす成分(乳酸菌など)を摂取して、「腸」まで届かせないとその効果は十分に得ることができないと言われています。

 

しかし、「乳酸菌」は、「酸」や「塩分」などに弱い為に、「胃酸」でほとんどが死滅してしまいます。

 

「善玉菌」を増やすサプリメントでは、各社さまざまな工夫をして、生きたまま「腸」まで届かせる工夫をしています。

 

但し、一部の研究では、死んだ「乳酸菌」(死菌)でも「善玉菌」を増やす効果があるとも言われています。

 

「善玉菌」を増やすサプリメントのなかにも、乳酸菌「死菌」をあえて採用している商品もありまます。

 

生きたまま腸まで届く乳酸菌

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌「クレモリイス菌FC株」

「カスピ海ヨーグルト」はヨーロッパ東部のコーカサス地方で古くから親しまれているヨーグルトです。このヨーグルトの乳酸菌は「腸」まで届くと評判です。
それは、「カスピ海ヨーグルト」の種菌である【クレモリス菌FC株】と粘り成分の「EPS」によるものだと言われています。「EPS」は人の消化液に強い物質であることから、【クレモリス菌FC株】を胃で死滅させることなく腸まで届けるサポートをしてくれています。

「酸」、「塩分」に強い植物性乳酸菌「ラブレ菌」

「ラブレ菌」は植物性乳酸菌の一つです。「ラブレ菌」は、京都の漬物「すぐき漬け」から発見されました。強い「酸」と「塩分」の中でも生きていける強い乳酸菌が「ラブレ菌」です。その為、人の「胃」でも死滅することなく「腸」まで届きます。

耐熱性に優れた「有胞子乳酸菌」

「胞子」を形成している「乳酸菌」の事です。「胞子」の殻で乳酸菌を守ることで、「胃」で死滅することなく腸まで届かせることできると言われています。

「腸内フローラ」に有効なプロバイオティクスとプレバイオティクス

プロバイオティクスとは、「腸内フローラ」のバランスを整えし、人の身体に有効な働きをしてくれる生きた微生物の事とです!

 

「プロバイオティクス」は、ヨーグルトや乳製品から、「善玉菌を増やす」サプリなどに配合されています。

 

「プロバイオティクス」と呼べるのはは、ある条件を満たした、「乳酸菌」です。その条件は、次のようなものです。

 

プロバイオティクスの条件は以下の通りです。

  • 食品や医薬品として安全性が保証されている
  • 胃酸や胆汁酸などの影響を受けることなく腸まで届く
  • 腸内粘膜へ付着し、増殖できる
  • .腸内環境を整え、腸内に腐敗物質を増やす悪玉菌を減らすことができる
  • 抗菌性物質を生産し、がんなどの病気を予防することができる
  • 摂取・飲用が簡単である
  • 商品としての生産性があり、なおかつ価格が安価である

※出典:プロバイオティクスに属する条件

 

プレバイオティクスとは

「プロバイオティクス」と同時に摂取したいのが「プレバイオティクス」です。「プレバイオティクス」とは、「プロバイオティクス(乳酸菌など)」のエサとなる成分のことです。主なものとして、「オリゴ糖」や「食物繊維」などがあります。

 

「プロバイオティクス」の主な微生物
クレモリス菌FC株

カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌の一種です。免疫アップ、コレステロールの低下、整腸作用、美肌の作用などが期待できます。

 

ラクトバチルス・カゼイ

「酸」に強く、「胃」でも死滅せずに腸まで届き、さらに便にまで生き残る強い菌です。便秘の予防・改善に効果的だと言われています。

 

ラクトバチルス・ブレビス

植物性乳酸菌「ラブレ菌」のことです。京都の漬物「すぐき漬」けから発見された植物性で、整腸作用が高く、コレステロールを低下させる働きもあります。

 

ビフィドバクテリウム・ロングム

胃酸に強く、「腸」までしっかり届くビフィズス菌です。健康な乳児から発見されたヒト由来のビフィズス菌です。

 

ラクトバチルス・プランタラム

ドイツの伝統食ザワークラウト(キャベツの漬物)から発見された乳酸菌です。

 

更新履歴