便微生物移植で病気を改善

 

体の免疫細胞の7割が腸に集中していると言われるほど、腸は免疫機能を維持するのに重要な役割を担っています。

 

つまり腸が健康であると、免疫力も高いのです。

 

腸の健康が損なわれると、便秘や酷い下痢を引き起こすことがありますが、その場合は薬による治療が一般的でした。

 

ところが最近の研究では健康な方の便を移植することによって、腸内環境を整えて病気を改善するという便移植という治療法の研究が積極的に進められているのです。

 

腸内フローラが乱れてしまっている方は、腸の健康状態が悪化しています。

 

腸の健康状態が良好な方の便を溶かして、腸内フローラが悪化している方に移植すると、腸内フローラが改善されて、腸の病気が改善されるのです。

 

例えば潰瘍性大腸炎を患っている方は、大腸の粘膜が炎症を起こすことが原因なのですが、腸内細菌の一種にその炎症を抑える働きがあるものがあることがわかってきたのです。

 

それを健康な腸内フローラを持つ方から移植を受けることによって、病気が改善するのです。

 

実際にこの便移植が医療現場で行われているのですが、ドナーとなる便提供者には厳しい条件が決められていることがほとんどです。便移植を行っているある病院ではドナーは患者さんの家族に限定されているケースが多くみられます。

 

やはり見ず知らずの他人の便を移植するのは抵抗が大きいからです。またドナーが20歳以上であることや、肥満体型でないことなど細かい決まりが決められていることもあります。

 

関連ページ

アンチエイジングにも腸内フローラを活用
アンチエイジングの分野でも腸内フローラを活用する研究がすすめられています。
体型維持にも腸内フローラが関係
肥満体型で痩せにくい体質の方は、腸内フローラのバランスが乱れていることも原因だということが研究の結果わかったと言われています。