生活習慣病、認知症の予防にも効果的

腸内フローラには生活習慣病を防ぐ働きもあることがわかっています。

 

生活習慣病とは生活習慣の悪化が原因で引き起こされる病気のことであり、心臓病や脳卒中、糖尿病などがそれに該当します。

 

生活習慣病を予防するためには、今までの生活習慣を見直してそれにかかりにくい食生活や生活習慣に改善していくことが重要になります。

 

病気にかかりにくい体をつくるためにも、腸内フローラは非常に重要な役割を果たしてくれています。

 

腸内フローラが良好に保たれていると、便通が改善して生活習慣病を引き起こす原因となる高コレステロールを改善してくれるからです。

 

便は体にとって有害、不要な物の固まりであるためそれが長い間腸に留まっていると、そこで発酵が起こり有害な成分が発生してしまいます。

 

そしてさらにそれが腸から吸収されてしまい、内蔵にも吸収されてしまい内臓の働きが鈍くなります。また腸にはウィルスや細菌が含まれているため、それがとどまることで免疫力の低下も招いてしまいます。

 

腸内フローラが良好な状態だと、便秘も起こりにくいのです。さらには高すぎるコレステロール値を改善してくれるようになるため、生活習慣病発生リスクを減らせます。

 

また今では国民病とも言われる認知症の予防や改善にも腸内フローラが影響していると考えられています。

 

認知症のタイプにはいくつか種類がありますが、前頭葉の血流が悪くなることで起こる認知症には、腸内フローラの改善により症状緩和が期待できるのです。

関連ページ

消化吸収を助ける腸内フローラ
腸内フローラには消化吸収を助けてくれる効果も期待できます。
免疫力を高める
腸が高い関心を得る理由となったのが、人間の免疫機能の7割が腸に集中していることです。腸内フローラもまた免疫機能に大きく関わっているのです。
ホルモンバランスを整える
ルモンバランスの乱れを整えるのにも、腸内フローラは効果を発揮してくれるのです。
メタボ体質を改善する
腸内フローラを良好に保つことによって、メタボ体質の改善にも多いに役立つことがわかっています。
美肌作りにも効果的な腸内フローラ
腸内フローラが健康だけでなく美容にも嬉しい効果をもたらしてくれることが研究の結果わかっています。
更年期障害の症状緩和にも
今世間は空前のアンチエイジングブームです。老化防止に役立つ美容や健康法が高い関心を集めています。
花粉症の予防、症状緩和にも腸内フローラが関係
花粉症で悩む人が年々増え続けていることから、シーズン前から花粉症対策グッズが販売されているのですが、乳酸菌飲料やサプリメントもその一部としてお店に陳列されるようになります。