悪玉菌が増えてしまう理由

 

腸内フローラの理想的な状態は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のうち善玉菌が優勢になっている状態です。

 

しかしながら悪玉菌が優勢になってしまうことで健康状態が悪化するのですが、悪玉菌を増やす原因とは何でしょうか。

 

一つは食事による影響が考えられます。特定の偏った物ばかり食べていると、悪玉菌が発生しやすくなります。

 

日本人の食生活が欧米化したことによって、私達は昔の日本人よりも肉を多く食べる機会が増えました。肉は良質のタンパク源なのですが、消化が悪いというデメリットがあります。

 

そのため腸内で腐敗しやすい便となりやすく、それが悪玉菌のエサとなってしまうのです。さらに食物繊維の摂取不足も、悪玉菌の数を増やす原因となります。

 

食物繊維をたっぷりと含む、野菜、果物、イモ類、こんにゃく類の摂取量が減ってしまうと善玉菌の働きが活性化しなくなります。

 

その結果悪玉菌が増えてしまうのです。さらにストレスも悪玉菌を増やす原因となります。現代はストレス社会であり誰もがストレスを抱えながら生きています。

 

ストレスは美容や健康の大敵ですが、腸にも悪影響を及ぼします。ストレスを強く受けると自律神経の働きに影響が出てきてしまうからです。

 

自律神経は臓器の働きにも影響していますので、その働きが鈍くなると胃もその影響を受けます。

 

食事をとっても十分にその消化が行えなくなってしまって消化不良を引き起こすのです。

 

その結果腐敗した便が腸にたまりやすっくなり、それが悪玉菌を増やしてしまうのです。

 

関連ページ

腸の働きについて
腸の健康が今注目されています。健康と美容を維持する鍵は腸にあると言っても過言ではないくらい、腸の健康が重要視されています。
腸内フローラとは
腸内フローラという言葉がよく聞かれるようになりました。
腸内フローラを構成する腸内細菌の種類
腸内フローラとは腸の中に存在する菌の固まりのことなのですが、腸内に存在する細菌はいろいろな種類によって構成されています。
腸内フローラの特徴について
腸の健康を左右する腸内フローラやその特徴についてさらに詳しくみていきましょう。
腸内フローラの変化を見る
まだ体内にいる状態の腸をチェックしてみると、腸の中にはまだ腸内細菌が存在していません。そしてこの世に出てくると同時に大腸菌などの菌が腸内に入り込むようになるのです。
食生活と病気の関係
腸の善玉菌を増やす食品を意識して多くとること、消化の悪い肉類を食べる量を制限するなどして、腸内フローラを整えられるような食生活に変えていきましょう。
便の形でわかる健康状態
便は健康のバロメーターと呼ばれるほど、私達の健康状態を知るために大切な役割を担っています。便の色や形、量によって腸の健康状態がよくわかるのです。