腸の働きについて

 

腸の健康が今注目されています。健康と美容を維持する鍵は腸にあると言っても過言ではないくらい、腸の健康が重要視されています。

 

なぜそれほどまでに美容や健康に腸が影響力を持っているのかということを知るために、腸の働きについて理解を深めておきましょう。

 

腸は第二の脳とも言われているのですが、それは腸のできる順番と関係があります。

 

人間が母親の子宮内で育つときに最初にできる臓器というのが腸であることから、非常に重要な臓器であること意味しており、それゆえに腸が第二の脳と呼ばれているのです。

 

腸以外の臓器に関しては脳の指令を受けることによって動くのですが、腸は脳の指令を受けなくても独立して働くことができる唯一の臓器なのです。

 

それがまた腸を第二の脳と呼んでいる所以です。私たちが知っている腸の働きは体の中で不要となった物を便としてためてそれを排泄する臓器だという認識ですが、それ以上の働きを担っているのです。

 

まずは体内の免疫機能をつかさどっているのも腸なのです。免疫細胞の約7割が腸に集中していると言うことが研究の結果わかっています。

 

体内に侵入した有害な細菌やウィルスを腸から便とともに排泄することで、健康を維持できているのです。

 

精神を安定させる効果があると言われているセロトニンという成分ですが、実はこれも約9割が腸で作られています。

 

セロトニンは心地よい眠りにいざなう、目覚めをすっきりさせる働きがあるため、これが不足していると寝つきが悪かったり不眠に陥りやすいのです。

 

関連ページ

腸内フローラとは
腸内フローラという言葉がよく聞かれるようになりました。
腸内フローラを構成する腸内細菌の種類
腸内フローラとは腸の中に存在する菌の固まりのことなのですが、腸内に存在する細菌はいろいろな種類によって構成されています。
腸内フローラの特徴について
腸の健康を左右する腸内フローラやその特徴についてさらに詳しくみていきましょう。
腸内フローラの変化を見る
まだ体内にいる状態の腸をチェックしてみると、腸の中にはまだ腸内細菌が存在していません。そしてこの世に出てくると同時に大腸菌などの菌が腸内に入り込むようになるのです。
悪玉菌が増えてしまう理由
悪玉菌が優勢になってしまうことで健康状態が悪化するのですが、悪玉菌を増やす原因とは何でしょうか
食生活と病気の関係
腸の善玉菌を増やす食品を意識して多くとること、消化の悪い肉類を食べる量を制限するなどして、腸内フローラを整えられるような食生活に変えていきましょう。
便の形でわかる健康状態
便は健康のバロメーターと呼ばれるほど、私達の健康状態を知るために大切な役割を担っています。便の色や形、量によって腸の健康状態がよくわかるのです。