腸内フローラの変化を見る

 

私達人間が母親の胎内で成長するときに、最も最初に作られる臓器が腸であり、それくらい体にとって重要な役割を果たしていると言うことを意味します。

 

まだ体内にいる状態の腸をチェックしてみると、腸の中にはまだ腸内細菌が存在していません。そしてこの世に出てくると同時に大腸菌などの菌が腸内に入り込むようになるのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ食事から栄養を取ることができませんので、母乳やミルクから栄養を吸収するのですが、母乳やミルクには善玉菌の元となるビフィズス菌がたっぷりと含まれており、それを飲むことで腸内に善玉菌の数を増やします。

 

成長するにつれていろいろな食べ物を食べるようになってきますが、その時に悪玉菌や日和見菌も数を増やしていき、離乳食がすすむにしたがって成人と同じような腸内フローラがほぼ作られていくのです。

 

まだ赤ちゃんの頃は悪玉菌や日和見菌の影響を受けにくいので、善玉菌が優勢となっており腸内フローラも良好に保たれていますが、それが加齢とともに次第にそのバランスを崩していくのです。

 

加齢とともに悪玉菌や日和見菌の割合が増えて行ってしまい、免疫力が低下したり体の老化現象が見られるようになってきます。

 

老年期に突入すると乳児期と比べて善玉菌の数がかなり減少してしまうのです。老年期に免疫力が大きく低下するのは、善玉菌の数が減少してしまうことが主な原因として考えられます。

 

また加齢だけが腸内フローラの環境を崩す原因ではありません。腸内環境を崩すような生活を送っていると、若年層でも腸内の健康を損ないやすくなります。

 

関連ページ

腸の働きについて
腸の健康が今注目されています。健康と美容を維持する鍵は腸にあると言っても過言ではないくらい、腸の健康が重要視されています。
腸内フローラとは
腸内フローラという言葉がよく聞かれるようになりました。
腸内フローラを構成する腸内細菌の種類
腸内フローラとは腸の中に存在する菌の固まりのことなのですが、腸内に存在する細菌はいろいろな種類によって構成されています。
腸内フローラの特徴について
腸の健康を左右する腸内フローラやその特徴についてさらに詳しくみていきましょう。
悪玉菌が増えてしまう理由
悪玉菌が優勢になってしまうことで健康状態が悪化するのですが、悪玉菌を増やす原因とは何でしょうか
食生活と病気の関係
腸の善玉菌を増やす食品を意識して多くとること、消化の悪い肉類を食べる量を制限するなどして、腸内フローラを整えられるような食生活に変えていきましょう。
便の形でわかる健康状態
便は健康のバロメーターと呼ばれるほど、私達の健康状態を知るために大切な役割を担っています。便の色や形、量によって腸の健康状態がよくわかるのです。