腸内フローラの特徴について

 

腸の健康を左右する腸内フローラやその特徴についてさらに詳しくみていきましょう。

 

私たち人間は非常にたくさんの細胞から成り立っているのですが、一体どれくらいの数の細胞から体が構成されているのかをご存知でしょうか。

 

私たち人間の体は細胞から成り立っているのですが、その数は約60兆もあります。

 

そして腸内フローラは腸内細菌によって構成されているのですが、そこにどれだけの数の腸内細菌が存在するのというと、その数約100兆とも言われており、腸内細菌の数がいかに多くあるかがお分かり頂けると思います。

 

腸内フローラのフローラとは花畑の事を意味するのですが、腸の中を細かく観察してみると、その100兆もの腸内細菌が腸内にところせましと敷き詰められています。

 

腸内細菌は主に善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3種類によって構成されているのですが、実はその中でそれぞれの菌が勢力争いを繰り広げているのです。

 

3種類の菌とも自分たちの領域を広げようと格闘しているため、さまざまな要因でその勢力図が変わることがあります。

 

これが腸内環境をよくする、悪くすることにもつながってしまうのです。

 

腸内に存在するこの三種類の菌ですが、どれも腸の健康を維持するためには欠かせない菌となっていますので、どれかが無くなってしまうと腸の健康バランスが崩れてしまい、腸の健康が損なわれてしまいます。

 

腸内環境を健康に保つためには、生活習慣や食習慣を見直して腸内フローラのバランスを整えることが大切なのです。

 

関連ページ

腸の働きについて
腸の健康が今注目されています。健康と美容を維持する鍵は腸にあると言っても過言ではないくらい、腸の健康が重要視されています。
腸内フローラとは
腸内フローラという言葉がよく聞かれるようになりました。
腸内フローラを構成する腸内細菌の種類
腸内フローラとは腸の中に存在する菌の固まりのことなのですが、腸内に存在する細菌はいろいろな種類によって構成されています。
腸内フローラの変化を見る
まだ体内にいる状態の腸をチェックしてみると、腸の中にはまだ腸内細菌が存在していません。そしてこの世に出てくると同時に大腸菌などの菌が腸内に入り込むようになるのです。
悪玉菌が増えてしまう理由
悪玉菌が優勢になってしまうことで健康状態が悪化するのですが、悪玉菌を増やす原因とは何でしょうか
食生活と病気の関係
腸の善玉菌を増やす食品を意識して多くとること、消化の悪い肉類を食べる量を制限するなどして、腸内フローラを整えられるような食生活に変えていきましょう。
便の形でわかる健康状態
便は健康のバロメーターと呼ばれるほど、私達の健康状態を知るために大切な役割を担っています。便の色や形、量によって腸の健康状態がよくわかるのです。