腸内フローラを構成する腸内細菌の種類

 

今腸内フローラという言葉が世間から高い関心を持たれています。

 

腸内フローラとは腸の中に存在する菌の固まりのことなのですが、腸内に存在する細菌はいろいろな種類によって構成されています。

 

まず腸内に存在する菌には主に善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類に分けられます。

 

善玉菌と一口にいってもその中でさらに種類があります。有名なのがヨーグルトなどに含まれているビフィズス菌や乳酸菌です。

 

善玉菌の主な働きは、ビタミンを合成する、免疫機能を維持する、消化吸収を助けてくれます。

 

健康維持や老化防止にも働きかけてくれますので、私たち人間の美容と健康維持に欠かせない菌だと言えるでしょう。

 

悪玉菌はブドウ球菌やウェルシュ菌といった菌にさらに分類されるのですが、これが体内で大量に増えてしまうと、腸内を腐敗させる、発がん性物質を増やす、ガスを発生させるといった悪影響を及ぼし健康被害や老化現象をすすめるといった美容や健康に被害を及ぼすのです。

 

そしてもう一つの日和見菌とは、大腸菌や連鎖球菌という種類に分類されます。

 

日和見菌の働きとは普段腸が健康な状態のときは何も影響を及ぼさないのですが、腸の健康が損なわれてくると腸内で悪玉菌の働きを助けるようになり、病気をひきおこしたり老化をさらにすすめてしまうのです。

 

そのため腸内の健康を維持するためには、悪玉菌や日和見菌ではなく、善玉菌を優位に保つことが重要になってきます。

 

しかしながら生活習慣の悪化や加齢などの影響で悪玉菌の数が増えやすくなります。

 

関連ページ

腸の働きについて
腸の健康が今注目されています。健康と美容を維持する鍵は腸にあると言っても過言ではないくらい、腸の健康が重要視されています。
腸内フローラとは
腸内フローラという言葉がよく聞かれるようになりました。
腸内フローラの特徴について
腸の健康を左右する腸内フローラやその特徴についてさらに詳しくみていきましょう。
腸内フローラの変化を見る
まだ体内にいる状態の腸をチェックしてみると、腸の中にはまだ腸内細菌が存在していません。そしてこの世に出てくると同時に大腸菌などの菌が腸内に入り込むようになるのです。
悪玉菌が増えてしまう理由
悪玉菌が優勢になってしまうことで健康状態が悪化するのですが、悪玉菌を増やす原因とは何でしょうか
食生活と病気の関係
腸の善玉菌を増やす食品を意識して多くとること、消化の悪い肉類を食べる量を制限するなどして、腸内フローラを整えられるような食生活に変えていきましょう。
便の形でわかる健康状態
便は健康のバロメーターと呼ばれるほど、私達の健康状態を知るために大切な役割を担っています。便の色や形、量によって腸の健康状態がよくわかるのです。