ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖を増やす

腸内フローラのバランスを整えるためには、善玉菌の働きを活性化させることが重要になります。

 

その方法として善玉菌のエサになるオリゴ糖を増やすのも有効策です。

 

善玉菌自体を含む食品を多く取ることも、善玉菌の数を増やす意味で有効なのですがその働きを活発にするためには、善玉菌のエサとなるオリゴ糖をとることが有効になります。

 

善玉菌の主な種類はビフィズス菌や乳酸菌ですが、種類によって人それぞれ体に合う、合わないが異なるのです。

 

そのため乳酸菌やビフィズス菌も偏った種類をとるのではなく、できるだけいろいろな種類を選んで取った方が腸内フローラを良好に保つのに役立つと言われています。

 

そして乳酸菌はすぐに体外に排泄されてしまうことから、継続して取ることも重要になってきます。

 

さらにその活性化を促してくれるオリゴ糖を合わせて取ることにより、善玉菌の働きを活性化させられます。

 

オリゴ糖を多く含む食品には、アスバラガスやイモ、ごぼう、じゃがいもなどの野菜類が挙げられます。これらには善玉菌を活性化させる食物繊維もたっぷりと含んでいますので、腸内環境を改善するのに大変効果的なのです。

 

さらには豆腐、味噌、納豆といった大豆製品にも多く含まれています。これらの食品は日本人が昔からよく食べていたものです。

 

腸内フローラが乱れているのは、食生活が欧米化、偏った物ばかり食べている方が増えたことも原因です。

 

食生活を見直して日本人の昔の食生活に近づけることが腸内フローラを改善するのに有効なのです。

関連ページ

悪玉菌を増やす物を食べない
玉菌を増やす食べ物を積極的に食べるようにするだけでなく、悪玉菌を増やす食べ物を控えるようにすることも大切です。
食物繊維を多く含む食品を食べる
腸内フローラの働きを活発にするために有効な栄養成分の一つが、食物繊維です。
乳糖、発酵食品を食べる
善玉菌の働きを活性化するのに善玉菌のエサとなる物を食べるようにするのも大変効果的です。
乳酸菌サプリを摂る
腸内フローラを整える方法として、乳酸菌サプリをとるのもおすすめです。