乳糖、発酵食品を食べる

腸内フローラを改善するためには善玉菌の働きを活性化することが重要になってきますが、善玉菌の働きを活性化するのに善玉菌のエサとなる物を食べるようにするのも大変効果的です。

 

善玉菌のエサになるのはオリゴ糖と乳糖になります。

 

乳糖は主に牛乳等に含まれている糖のことですが、これが腸内細菌の働きによって分解されると腸のぜん動運動を促して便を軟らかくするように作用してくれるのです。

 

しかもこの乳糖は胃酸などによる影響を受けにくく腸にそのまま届くため、腸内フローラの状況を改善するのに大変役立つのです。

 

ところが日本人にはこの乳糖を消化する酵素を持っておらず、牛乳を飲むとおなかがごろごろしたり、下痢をする方が少なくありません。

 

そのような方は牛乳を温めて飲んだり、ココアなどの他の物と混ぜて飲むと効果的です。乳糖だけでなく発酵食品にも善玉菌の働きを活性化させる働きがあります。

 

発酵食品には、チーズやヨーグルトだけでなく、納豆やみそ、豆腐やぬか漬けといった日本人の私たちが昔から食べてきた物が挙げられます。

 

乳酸菌の中には消化酵素で分解されてしまって、腸に届かないものがありますが、発酵食品の場合は発酵の際に発生する微生物の働きによって生きて腸に届くようになっているため善玉菌の数を増やしたり、その働きを活性化させるのに効果的なのです。

 

味噌やしょうゆ、納豆といった食品は値段も手ごろであり日本人であればどこの家庭でも常備してあるものばかりなので、これらを積極的に食べるように意識しましょう。

 

関連ページ

悪玉菌を増やす物を食べない
玉菌を増やす食べ物を積極的に食べるようにするだけでなく、悪玉菌を増やす食べ物を控えるようにすることも大切です。
食物繊維を多く含む食品を食べる
腸内フローラの働きを活発にするために有効な栄養成分の一つが、食物繊維です。
ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖を増やす
腸内フローラのバランスを整えるためには、善玉菌の働きを活性化させることが重要になります。その方法として善玉菌のエサになるオリゴ糖を増やすのも有効策です。
乳酸菌サプリを摂る
腸内フローラを整える方法として、乳酸菌サプリをとるのもおすすめです。