悪玉菌を増やす物を食べない

 

腸内フローラの環境はさまざまな要因で悪化します。理想的な腸内フローラの環境としては善玉菌よりも悪玉菌を優位にすることです。

 

ためには善玉菌を増やす食べ物を積極的に食べるようにするだけでなく、悪玉菌を増やす食べ物を控えるようにすることも大切です。

 

そのためにもどういった食べ物に悪玉菌を増やす物が多く含まれているかを知ることが重要になります。

 

悪玉菌を増やす食べ物はいくつかありますが、肉類もまた悪玉菌を増やす食べ物の一種です。食生活の欧米化に伴って、日本人は昔よりもたくさんの肉を食べるようになりました。

 

肉類は私たちの体を作る元となるたんぱく質をたっぷりと含むのですが、消化に時間がかかってしまうためそれが悪玉菌を増やす原因となるのです。

 

さらに現代人は昔よりも野菜や果物を食べなくなってきてしまったために、食物繊維の摂取量が大幅に減少してきています。

 

食物繊維は善玉菌を増やす食べ物ですから適量取るのが望ましいのですが、それが不足しているため悪玉菌が増えやすくなっているのです。

 

さらには脂肪や砂糖類の取り過ぎもまた、悪玉菌を増やす原因となっています。

 

食生活の欧米化が進んでいると言われていますが、日本人が昔から食べてきた伝統的な食事や食品にこそ、善玉菌を増やす物が多く含まれているのです。

 

食生活の欧米化に伴って、肉類の摂取量が増える、脂肪や糖分を多く食べる、野菜、果物を食べない食生活を続けることでどんどん悪玉菌が活性化して腸内フローらのバランスが崩れていくのです。

 

関連ページ

食物繊維を多く含む食品を食べる
腸内フローラの働きを活発にするために有効な栄養成分の一つが、食物繊維です。
ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖を増やす
腸内フローラのバランスを整えるためには、善玉菌の働きを活性化させることが重要になります。その方法として善玉菌のエサになるオリゴ糖を増やすのも有効策です。
乳糖、発酵食品を食べる
善玉菌の働きを活性化するのに善玉菌のエサとなる物を食べるようにするのも大変効果的です。
乳酸菌サプリを摂る
腸内フローラを整える方法として、乳酸菌サプリをとるのもおすすめです。