食物繊維を多く含む食品を食べる

 

腸内フローラを良好な状態に保つためには、善玉菌の働きを優勢にすることが重要になります。

 

そのためには善玉菌の働きを活発にしてくれる食べ物を知り、それを意識して多く食べるようにしましょう。

 

腸内フローラの働きを活発にするために有効な栄養成分の一つが、食物繊維です。

 

食物繊維はこの数年第六の栄養素として注目されているほど、体を健康に保つために欠かせない栄養成分であることがわかっており摂取量を増やすように推奨されるようになってきました。

 

食物繊維を多く含む食品といえば野菜類です。現代人は野菜を食べる量が昔と比べて激減しています。

 

野菜ジュースを飲んで野菜不足を補おうとしている方もいらっしゃいますが、市販されている野菜ジュースには野菜の持つ栄養成分や食物繊維が十分含まれておらず、期待するほどの栄養も食物繊維も十分取れないことが多いのです。

 

それなので可能であれば野菜を調理して食べる、自分で野菜ジュースを作って野菜を摂取するように心がけましょう。

 

野菜全般に食物繊維が多く含まれていますが、特に多く含まれているのがごぼうやイモ類、キャベツなのです。これらを意識して多めに食べるようにするといいでしょう。

 

日中は仕事に出ていて野菜をとることが難しいかもしれませんが、朝と夜だけでも意識して野菜をとるようにしましょう。

 

以前流行ったグリーンスムージーなどは、食物繊維やビタミン類の多い緑の野菜を使用して作る自家製のジュースですから、朝ご飯として飲むのもおすすめです。

 

関連ページ

悪玉菌を増やす物を食べない
玉菌を増やす食べ物を積極的に食べるようにするだけでなく、悪玉菌を増やす食べ物を控えるようにすることも大切です。
ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖を増やす
腸内フローラのバランスを整えるためには、善玉菌の働きを活性化させることが重要になります。その方法として善玉菌のエサになるオリゴ糖を増やすのも有効策です。
乳糖、発酵食品を食べる
善玉菌の働きを活性化するのに善玉菌のエサとなる物を食べるようにするのも大変効果的です。
乳酸菌サプリを摂る
腸内フローラを整える方法として、乳酸菌サプリをとるのもおすすめです。